金利がつかない期間がある?

キャッシングの利用には、必ず金利がつきます。もちろんこれが低いほど借り入れを行う側にとっては有利ですので、少しでも低いところから借り入れを行いたいと思うのが当然です。ですが実際のところ、どのキャッシング会社でも金利の設定は横並びの状態です。1社だけが他より飛び抜けて低いといったことはありません。キャッシング会社も商売ですので、利益を確保する為に設定できる金利の範囲はどこでもほどんど同じになります。

 

そのような横並びの金利の中で、各キャッシング会社は自社をアピールする為に、特典というものをつけることが多くなってきました。これは特定の条件を満たすことで、金利のつかない無利息の期間を設けるというサービスです。このように金利以外の面で少しでも他社と差別化を図り、顧客の確保に繋げています。これをうまく利用して、少しでも金利を抑えることが可能になります。

 

無利息期間サービスで利息ゼロのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

2種類の無利息期間があります

この無利息の期間を設けるというサービスは、主に以下の2種類に分かれます。

 

初回の契約時に一定の無利息期間がある

契約をした初回のキャッシング時に無利息期間が発生するサービスです。借り入れ額にもよりますが、多くのキャッシング会社では最長で30日までの期間を設けています。

 

借り入れを開始した後、条件次第で無利息期間が発生する

初回の契約時ではなく、利用を開始してから一定の条件を満たすことで無利息期間が発生するサービスです。各キャッシング会社が決めた借り入れ額や利用期間、またきちんと返済日を守っているなどの条件を満たすと、長い無利息期間が発生します。最長で180日まで無利息になるような会社もあります。

 

すぐに返済ができると分かっている場合、初回の無利息期間があるキャッシング会社を利用することで金利を抑えることができますし、長期間利用する予定のある場合は利用を開始してから条件次第で長い無利息期間が発生する会社を利用する方がトータルの金利を抑えることができると思います。

 

自分に合った方を選択しましょう!

このように、自分の利用方法に合った特典がついたキャッシング会社を選択することで、少しでも金利を抑えることができます。特に長く利用する場合、どれだけ利用すれば無利息期間がどれだけ発生するのかをきちんと事前に確認しておきましょう。利用期間によっては初回のみの方が得になるケースもあります。

 

ですがこの初回のみの特典の場合、2回目からは当然通常の金利設定になりますので、出来れば1回目だけの利用に留めておくようにしましょう。同じような特典をつけているキャッシング会社も多くありますので、2回目は他社を利用すると、また特典を受けることができます。このようにうまく特典を利用して少しでも金利を抑えましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日