在籍確認といっても、それほど心配することはありません。

当日中にお金を受け取りたいような急ぎの場合でも、在籍確認は必ず行われます。

当日中にお金を受け取りたい場合であっても、そうでなくても、キャッシングを行う以上は在籍確認は行われます。在籍確認は勤め先に電話を掛けることによって行われますが、これは、利用者となる方がキャッシングの申込書類に記載した勤め先に間違いがないかをチェックするためのものです。

 

もし、この在籍確認がなかったとすると、キャッシング会社としては、申込者が提出した勤め先を信じるしかなく、万が一、そこで悪意を持って嘘の会社を記入されては、その後の審査が意味のないものとなってしまうでしょう。このような理由から、どんな形のキャッシングであっても、キャッシング会社は在籍確認を行なうようにしているのです。

 

また、在籍確認以外にも、利用者となる方の家や携帯電話に電話を掛けるといったことが行われていますし、運転免許証等のコピーも提出してもらうようになっていますので、この点も当日中にお金を受け取りたい場合であっても同じと言えます。

 

例外的に在籍確認が省略出来ることがあります。

先ほど、在籍確認は避けることが出来ないようなお話をしましたが、絶対そうなのか?というと実は例外的に省略出来ることもあります。例えば、今申し込もうとしている会社以外にも銀行からキャッシングをしていて、それをきちんと返済していることが分かるような方であれば、信用されやすいため、勤め先に確認するまでもないといった観点からこれを省略出来ることがあるようです。

 

その他、申込を行なう日が利用者となる方の勤め先の休日と重なる場合や夜間といった場合には、在籍確認が難しくなるため、2、3日後かに改めて在籍確認を行うこととし、当日中にお金を借りられることもあるようです。ただ、在籍確認というのは、どうしても敬遠されがちなものであるといったことから、正当な理由以外でも個人的な事情で在籍確認を行なってほしくないという方もいらっしゃるでしょう。

 

その場合は、申込時に在籍確認の方法等について、会社側と話し合ってみると良いでしょう。キャッシング会社によっては、希望を受け入れてもらえるところが存在するかもしれません。

 

勤め先への電話といっても大したものではありません。

”勤め先に電話をかけてこられる”ということから、在籍確認は敬遠されがちで、過剰に心配される方もいらっしゃるようですが、これに関しては何一つ心配することはないでしょう。というのは、在籍確認の電話の時間は非常に短いからです。

 

ここで、1つ電話での会話例を挙げて説明すると、会社側が電話掛けるときには、まず、「私、田中と申しますが、山口様をお願いしたいのですが?」等と話し、その後、電話に出た方の対応で本当に在籍しているかどうかを確認することが出来ます。

 

もし、そこで、「山口には、どのような用件でしょうか?」、「山口は現在席を外しています。」という対応ならば、在籍していることになり、その時点で在籍確認が出来たことになるのです。それに加え、申込者自ら電話を取ることも可能ですし、電話を取った方に不審な電話だと思われよう、最大限の配慮は行われていますので、安心してよいと言えるのです。

 

在籍確認の電話の際、会社名は伏せて電話を掛けるようにしています。

先に挙げた電話の会話例からもお分かりの通り、消費者金融の場合は、決して”アコム”や”プロミス”という言葉を出すことはありません。ですから、会社の他の人が電話に出た場合でも、まさかそれがキャッシング関連の電話だとは思わないでしょう。

 

しかし、消費者金融ではなく、銀行でのキャッシングとなると、銀行の名前を出される可能性も考えられますので、申込時にその点について確認するのを忘れないよう注意しましよう。

 

プライバシーの問題で在籍確認が失敗に終わることもあります。

これまでのお話しで在籍確認についての不安は殆ど無くなったかと思われます。最後にお話しするのは、在籍確認が失敗に終わるケースであって、これも重要であります。このようなケースとして考えられるのは、消費者金融が会社名を出さないことで、電話を取った方が怪しい電話だと勘違いしてしまい、「個人情報に関することをお話しするわけにいきません。」、すぐ近くに居るのに嘘で「現在、おりません」と答えてしまうと在籍確認が失敗に終わってしまいます。

 

これが最初であれば、次回もう1回かけてくると思いますので、その時までに消費者金融に別の会社名を出すようにしてもらうことをお話したり、自分の妻の名前を出すようにしてもらうことをお話しするとよいかもしれません。また、会社の事情でどうしても在籍確認が行えそうにない場合は、収入を証明出来る前年の源泉徴収票、給料明細書等でも在籍確認として認められる会社も存在しますので、ぜひ覚えておいてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日